スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

初音ミク ライブ ミクの日大感謝祭

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチです

今回もGoogleで「初音ミク」を検索したところ、気になる複合キーワードを見つけました・・・それが「初音ミク ミクの日大感謝祭」です。

Wikiで早速調べてみた。

ミクの日大感謝祭ダイジェスト版はこちら。


「ミクの日大感謝祭」は、東京のTOKYO DOME CITY HALLにて、2012年3月8日に「初音ミクライブパーティー2012 ひる(ミクパ♪)」、「初音ミクライブパーティー2012 よる(ミクパ♪)」、翌9日に「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭」、「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭 ファイナル」の計4公演が行われた。

8日と9日で異なる内容となっており、8日の「初音ミクライブパーティー2012 ひる(ミクパ♪)」、「初音ミクライブパーティー2012 よる(ミクパ♪)」では、ディラッドボードとプロジェクタースクリーンを上下に配して、初音ミクの他、鏡音リン・レン、巡音ルカ、KAITOが登場し、計34曲を披露した。

9日の「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭」、「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭 ファイナル」は、舞台中央にディラッドボードを配して、初音ミクの他、鏡音リン・レン、巡音ルカ、MEIKOが登場し、計28曲を披露した。


ミクの日感謝祭については定例化することは考えれてなかったものだが、前年にロサンゼルスで行われた『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES』の凱旋として、もう一度日本での公演を行いたいという意向から、「最後の」ミクの日感謝祭として開かれることになったものである。

4公演あわせて計1万人を動員したのに加え、両日とも夜の部はインターネット放送と、日本国内の24館、上海、香港、台湾の映画館に中継された。

【Wikipediaより引用】

ではでは~このへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。
スポンサーサイト
Date: 2012.06.26 Category: 初音ミク ライブ  Comments (1) Trackbacks (0)

初音ミク ライブ ミクの日感謝祭

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチです

今回もGoogleで「初音ミク」を検索したところ、気になる複合キーワードを見つけました・・・それが「初音ミク ミクの日感謝祭」です。

Wikiで早速調べてみた。

ミクの日感謝祭

「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents」は、2010年3月9日に3月9日を「ミクの日」と称して東京のZepp Tokyoで行われた初音ミクのソロコンサートである。

当初は「初音ミク・ソロコンサート 〜こんばんは、初音ミクです。〜」の一公演のみが開催予定であったが、チケットの購入希望が予想を大きく上回ったことから同日昼に「初音ミク・ひるコンサート 〜こんにちは、初音ミクです。〜」が追加公演として加わり2部構成となった。

初音ミクの他に鏡音リン・レン、巡音ルカも登場し、アンコールも合わせて計39曲を披露した。

キャラクターの姿はディラッドボードに投影して表現された。

同公演については2010年8月31日にフィルムコンサートが「ミクの日感謝祭 39's Giving Day初音ミク・フィルムコンサート 〜ありがとう、初音ミクです。〜」として日本国内10カ所の劇場で同時開催されたのをはじめ、日本国内外でフィルムコンサートが催されている。

2010年9月1日にはBlu-ray、DVD、CD、UMDで『ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート〜こんばんは、初音ミクです。〜』が発売され、Blu-ray版が9月13日付オリコンミュージックBDランキングで1位を獲得した。

【Wikipediaより引用】

ではでは~このへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。
Date: 2012.06.25 Category: 初音ミク ライブ  Comments (0) Trackbacks (0)

初音ミク 歌詞 恋スルVOC@LOID

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチです。

前回ご紹介した初音ミクさんの曲、「恋スルVOC@LOID」の歌詞をアップしてみました。

動画とあわせてお楽しみください。

ではでは~今回はこのへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。

恋スルVOC@LOID

恋スルVOC@LOID

作詞:OSTER project
作曲:OSTER project
編曲:OSTER project
唄:初音ミク

(La La La La La La La La)

わんつーすりーふぉー!

私があなたのもとに来た日を
どうかどうか 忘れないでいて欲しいよ
私のこと 見つめるあなたが嬉しそうだから
ちょっぴり恥ずかしいけど 歌を歌うよ

言葉をくれたのなら メロディーと追いかけっこ
でも何か 何か違う! 上手く歌えてない Ah

パラメーターいじりすぎないで!
だけど手抜きもイヤだよ
アタックとかもうちょっと 気を配って欲しいの
ビブラートで誤魔化さないでよ
そんな高音苦しいわ
もっとちゃんと輝きたいのよ
あなたの力量って そんなもの?

ごめん ちょっとさっきのは さすがに言い過ぎたよね
あなたも頑張ってるの 分かっているよ

私も割と じゃじゃ馬な ところとかもあるし
喋りとか上手くないけど 側に置いて欲しいよ Ah

私のこともっと手なずけて
気持ちよく歌えるように
メイコ先輩にも 負けないくらい
頑張るからね
あなたの曲 案外好きだよ?
高い音でも頑張るわ
だからずっとかまって欲しいの
遊んでくれなきゃ
フリーズしちゃうよ

響かせてキレイなレガート
心揺さぶるフォルテ
一つ一つ作り上げて
命吹き込むから
いつまでも一緒にいるよね
どんな歌でも歌うから
ずっとずっと 忘れないでよね
これからもずっと
よろしくね

(I love you, I love you forever )       
「I Love You 歌が聞こえた」
(So give me your love to love me forever )
「そう、君のハートが聞こえた」
(I love you, I love you forever )       
「I Love You また聞こえた」
(So give me your love to love me forever )  
「そう、君のハートが聞こえた」
(I love you, I love you forever )       
「I Love Youの掛け声は」
(So give me your love LaLaLa... )       
「そう、君のハートっ!」
Date: 2012.06.19 Category: 初音ミク 歌詞  Comments (0) Trackbacks (0)

初音ミク 曲 恋スルVOC@LOID

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチと申します。

最近のお気に入り曲をご紹介・・・それが、「恋スルVOC@LOID」です。

「恋スルVOC@LOID」のYouTube動画はコチラ。



「恋スルVOC@LOID」は、初音ミクを代表するオリジナル曲のひとつで、現在、ボカロオリジナル曲でミリオンを達成している曲のひとつでもある。

何より、この曲にあわせた初音ミクの振り付けが、ほんとに可愛いです。(笑)

何回見ても、何回聞いても飽きない曲です。

ではでは~このへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。
Date: 2012.06.18 Category: 初音ミク 曲  Comments (0) Trackbacks (0)

初音ミク 派生キャラクター はちゅねミク

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチです

今回は、初音ミクの派生キャラクターである「はちゅねミク」について調べてみた。

初音ミクという名前の原型を、最もとどめているキャラクターのような気がして、・・・なぜかほっとしています。(笑)

hachune.png
愛嬌のあるキャラクター。

「はちゅねミク」は、2007年9月4日にニコニコ動画へ投稿され、初音ミクの流行のきっかけとなった動画『VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』から広まった、2.5等身のSDキャラクターである。

登場当初は、初音ミクのデフォルメされた姿として認識されていたが、やがて初音ミクとは独立したキャラクターとみなされるようになっていった。(スゴイ!)

服装はオリジナルである初音ミクとほぼ同じだが、顔立ちは大きく異なり、ぐるぐるほっぺなどの特徴があり、Otomania氏が、初音ミクで作成した「Ievan Polkka」の歌声をたまご氏に聞かせたところ、即座に作成されたという。

この動画で、はちゅねミクがネギを持っていたことから、ネギが初音ミクの定番アイテムとして定着することにもなった。

いち早く商用利用が行われたキャラクターであり、2007年11月にはPS3ソフト『まいにちいっしょ』のトロ・ステーションにゲスト出演し、2007年12月には月刊コンプエース2008年2月号にて生みの親であるおんたま(otomaniaとtamago(たまご)の共有筆名)により、『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』の連載を開始した。

初音ミクをデザインしたKEI氏が執筆していた漫画作品『メーカー非公式 初音みっくす』にも登場している。

また、2008年3月にグッドスマイルカンパニーから発売したデフォルメフィギュア「ねんどろいど 初音ミク」にはちゅねバージョンに換装可能なパーツが付属されたのをはじめ、オルゴールフィギュアやステッカーなど多数の関連商品が販売されている(中には、顔のデザインのみの「まんまるはちゅね」シリーズもある)。

ただし、多彩な商品展開が行われているはちゅねミクではあるが、公式のデフォルメキャラクターという位置づけではなく、KEI氏による公式のデフォルメイラストも別に存在する。

【Wikipediaより引用】

これは、初音ミクファンを目指す私としては、かなり勉強になりましたねー。

「はちゅねミク」こそが、まさに派生キャラクターと呼ぶにふさわしい、正真正銘のキャラクターなのでしょう・・・って、評論家みたいな口調ですみませんでした。(汗)

ではでは~今回はこのへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。
Date: 2012.06.10 Category: 初音ミク 派生キャラクター  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

vocaloidallstars

Author:vocaloidallstars
初音ミクさんのブログ

ブログランキング
レンタルサーバーとは

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。