スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

初音ミク 派生キャラクター はちゅねミク

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチです

今回は、初音ミクの派生キャラクターである「はちゅねミク」について調べてみた。

初音ミクという名前の原型を、最もとどめているキャラクターのような気がして、・・・なぜかほっとしています。(笑)

hachune.png
愛嬌のあるキャラクター。

「はちゅねミク」は、2007年9月4日にニコニコ動画へ投稿され、初音ミクの流行のきっかけとなった動画『VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』から広まった、2.5等身のSDキャラクターである。

登場当初は、初音ミクのデフォルメされた姿として認識されていたが、やがて初音ミクとは独立したキャラクターとみなされるようになっていった。(スゴイ!)

服装はオリジナルである初音ミクとほぼ同じだが、顔立ちは大きく異なり、ぐるぐるほっぺなどの特徴があり、Otomania氏が、初音ミクで作成した「Ievan Polkka」の歌声をたまご氏に聞かせたところ、即座に作成されたという。

この動画で、はちゅねミクがネギを持っていたことから、ネギが初音ミクの定番アイテムとして定着することにもなった。

いち早く商用利用が行われたキャラクターであり、2007年11月にはPS3ソフト『まいにちいっしょ』のトロ・ステーションにゲスト出演し、2007年12月には月刊コンプエース2008年2月号にて生みの親であるおんたま(otomaniaとtamago(たまご)の共有筆名)により、『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』の連載を開始した。

初音ミクをデザインしたKEI氏が執筆していた漫画作品『メーカー非公式 初音みっくす』にも登場している。

また、2008年3月にグッドスマイルカンパニーから発売したデフォルメフィギュア「ねんどろいど 初音ミク」にはちゅねバージョンに換装可能なパーツが付属されたのをはじめ、オルゴールフィギュアやステッカーなど多数の関連商品が販売されている(中には、顔のデザインのみの「まんまるはちゅね」シリーズもある)。

ただし、多彩な商品展開が行われているはちゅねミクではあるが、公式のデフォルメキャラクターという位置づけではなく、KEI氏による公式のデフォルメイラストも別に存在する。

【Wikipediaより引用】

これは、初音ミクファンを目指す私としては、かなり勉強になりましたねー。

「はちゅねミク」こそが、まさに派生キャラクターと呼ぶにふさわしい、正真正銘のキャラクターなのでしょう・・・って、評論家みたいな口調ですみませんでした。(汗)

ではでは~今回はこのへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。
スポンサーサイト
Date: 2012.06.10 Category: 初音ミク 派生キャラクター  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

vocaloidallstars

Author:vocaloidallstars
初音ミクさんのブログ

ブログランキング
レンタルサーバーとは

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。