スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

初音ミク 派生キャラクター 弱音ハク

こんにちは。

四十間近にして初音ミクさんの公式ファン?になるべく修行中の、ヒグチ・ユキチです

今回は、初音ミクの派生キャラクターである「弱音 ハク(よわね ハク)」について調べてみた。

弱音ハク
弱音ハクも可愛いです。

「弱音ハク」は、初音ミクの派生キャラクターの一人で、初音ミクを購入したはいいが使いこなせないユーザーの心象を擬人化したキャラクターである。

元々は、ネット上でそうしたユーザー達のことを弱音ハクと呼ぶジョークが流行しており、それを元にCAFFEINというハンドルネームの同人作家がイラスト化し、誕生した。

最初のイラストは2007年11月21日にCAFFEINのホームページにて公開され、その後ニコニコ動画へ持ち込まれて普及した。

後ろに束ねた白髪(銀髪ではない)に赤い瞳、グラマーな女性で酒飲み、弱音や自虐的な発言を繰り返すのが特徴で、「VOYAKILOID(ボヤキロイド)」という呼び方もされる。

キャラクターの商用利用としては、弱音ハクをモデルとキャラクターとして『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』に弱音ハクをモデルにしたよわねハクが、小説『悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート』に作品の主人公クラリスが、漫画『ちびミクさん』によわねハク(『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』のよわねハクとは異なる)が登場する。

ゲームソフトでは『初音ミク -Project DIVA-』にもキャラクターとして登場、『アットゲームズ』でも衣装が販売され、フィギュアとしても、グッドスマイルカンパニーの「ねんどろいどぷち ボーカロイド#01」にラインナップされた。

なお、派生キャラクターや、その周辺のキャラクター文化で創作されるキャラクターでは、初音ミクをはじめとするCVシリーズの命名法則に倣い、「○○音××」といったような名前をつけられることが多いが、弱音ハクはそうした方向性が広がるきっかけとなったとされる。

【Wikipediaより引用】

それにしても、、「VOYAKILOID(ボヤキロイド)」って凄いなー。

ぼやきをキャラクターにするのって、タイムボカンのボヤッキーだけかと思ってたけど、こんな可愛いボヤキキャラがいるなんて・・・感動っす。(笑)

ではでは~今回はこのへんで。

最後までのお付き合いに感謝です。
スポンサーサイト
Date: 2012.06.08 Category: 初音ミク 派生キャラクター  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

vocaloidallstars

Author:vocaloidallstars
初音ミクさんのブログ

ブログランキング
レンタルサーバーとは

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。